マンションを高く貸したいと思っている方へ

せっかくなら高く貸したい

せっかくなら高く貸したい気を付けるところある程度の投資が必要

不動産を所有されている方なら誰しも高い家賃で貸したいと思うのが通例です。
しかし、実際は家賃相場のようなものがあって家賃を高く設定するのは難しいとされています。
これはマンション(共同住宅)に関しても同様です。
では、どのようにしたら高い家賃で貸すことが出来るのでしょうか。
結論から申しますと、その建物の資産価値を上げるということです。
資産価値を上げるにはどのような事をすれば良いかと言いますと、最新の設備・機能を搭載させることです。
マンションは事務所とは異なり設備(住宅設備)が数多く搭載されています。
住宅設備と言われるものは、トイレ・浴室・台所・洗面所といった水回り部分に集約されています。
それらを最新のものに換装するのです。
まずトイレは和式ではなく洋式。
暖房設備付きの便座にウォシュレットは必須アイテムと言えるでしょう。
近年は学校やオフィスビルのトイレでもそのような設備が完備されていますので、住宅では尚のことです。
次に浴室に関してですが、追い炊き機能は必須です。
さらに価値を高めるには、浴室乾燥設備を搭載すると良いでしょう。
何故なら、最近は共働きの夫婦が多く、洗濯は夜しかできないため、寝ている間に浴室乾燥で洗濯物を乾かす世帯が増えている為です。
次に台所ですが、家事をする主婦の要望で多いのは三口コンロが欲しいという要望です。
賃貸マンションでコンロを標準装備しているところは、まだまだ少数です。
三口コンロを標準装備しておけば、他の賃貸住宅と差別化を図ることができ、資産価値を上げることが可能です。
あと、分譲共同住宅ではよく見かけるディスポーザーですが、賃貸住宅では不要でしょう。
通常の排水溝で十分です。
台所の天板ですが、錆びにくいステンレス製が望ましいでしょう。
メンテナンスがほぼ不要ですので。